小伝馬町の焼肉店はバーのようなたたずまい

小伝馬町の焼肉店がまるでおしゃれなバーのようだと話を聞きます。これまでの焼肉店のイメージをくつがえすような洒落た店が多いという意味なのでしょう。まるでショットバーを思わせるような雰囲気があるのかもしれません。その理由はアルコール類が幅広く提供されていることにあります。アルコール類の提供はビールをはじめ、ワイン、日本酒やハイボールなどを見かけますが、なかにはマッコリや珍しいお酒を出してくれるお店もあります。



小伝馬町の焼肉店が珍しいお酒をふるまうには、どのように調達してきたのかも気になるところです。入手しにくいワインや日本酒を自分の店で安定して供給するのは大変なことだからです。本来の値段よりも数倍の値が付くような日本酒もあるため、かなり努力をされていると感じます。



このようにお酒を楽しむ場として存在している店の場合、焼肉店であってもアラカルトメニューが充実していることがほとんどです。最近の傾向としては生の和牛を使ったものがブームであり、許可証を得て参入している店も増えてきていると耳にします。焼肉店でもさまざまな楽しみ方があった方がいいですし、リピートにつながるでしょう。メニュー開発にも苦労していると思われますが、これからも期待度大です。